滋賀〜道の駅マキノ 峠の恐怖 3日目


3日目
所持金:2500円
走行距離:92km
寝床:道の駅マキノ

こんばんは。

今日の朝は浜大津駅で目覚めた!

夏なのに少し夜は寒かったので
SOLのヒートシートに
くるまって寝ていて正解!

起きると横におばちゃんが、、、

「頑張りや!応援してるよ!」と
1000円を力強く渡してくれた。

応援してくれる人が1人でもいるなら
絶対にやり抜くしかない!

2日目の夜にしてやっと
旅の過酷さを理解した。

食べるものや
寝床やお風呂など
頭の中は走りながらも
そんなことでもう頭がいっぱい。

浜大津駅が見つかったのは
夜中の3時。心はズタボロ。

そんな心境のまま寝入って
目覚めたときの出来事。
おばちゃんからの言葉は心の奥底まで染み込んだ。

気持ち改め
琵琶湖沿いへGO!!!

出発前から行こうと
決めていた白髭神社へ到着。

写真を撮っていると
眠くなってきたので
少しベンチで休憩することに、、、

するとそこに老夫婦が
「日本一周てアンタすごいなぁ!!」と
会話が始まり、最後には
大好きな黄金糖をいただいた。
感謝!

そのベンチで休憩していると、、、
今度はカップルが
「日本一周してるんですか?」と。

男性の方はマレー半島を
自転車で走っていたという強者。

全然知識のない僕に
丁寧に旅のことを教えてくれ
参考になることばかりで一瞬で尊敬。

女性の方もとても優しく
行きたい場所を地図で探してくれたり
話を聞いてくださったり。

少し疲れていたときだったので
元気をたくさんいただいた!

さらには応援の気持ちとして
お金までいただき
感激して鳥肌が立った。

「なにかこの人のためにしてあげよう。」
そんな気持ちが伝わってきた瞬間だった。

カップルに別れを告げ
のんびりと寝床探しをしていると
いつの間にか辺りは夜に。

しょうがないので
福井方面に自転車を走らせ
地図にあった道の駅マキノへと向かう。

それが恐怖の始まり、、、

辺りは明かりもなく真っ暗で
ほとんど自転車の明かりのみ。

さらには大型トラックがビュンビュン走ってくる。
おまけに居眠り運転の車がすぐ後ろで側道をかすめ
走り去り、それに驚いた鹿が走り出す始末。

夜に峠を超えたことはあるが
こんな恐怖は初めてだ。

おかげで時速が10kmくらい速くなった。笑

今日は初テントでお休み。

ではおやすみなさい。

One thought on “滋賀〜道の駅マキノ 峠の恐怖 3日目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>