石川〜富山 サークルKの奇跡 7日目


日本一周 7日目

寝床:道の駅うなづき

走行距離:113km

所持金:8000円

食事:ワッフル、黄金糖×3、スーパーカップ、カレー弁当

こんばんは。

今日は朝4時に起床し

兼六園に無料入場で

300円の節約に成功!

兼六園

朝の散歩はいろんな方と

挨拶を交わすことができる。

そんな独特の雰囲気が好き。

兼六園と金沢城を見終わって

寝ていたところに戻ると

一人の男性が、、、

いつものごとく

出逢いのはじまりー

かなり会話は弾み小一時間話していた。

こういう話が意外と人生を変える

きっかけになったりするもの。

ちなみに男性は甲子園の常連校

遊学館の英語の先生だ。

そうこうしているうちに10時を回っていた。

「やばっ!」

今日は100km以上走るから急いで出発!

体の調子が良く

すぐに富山と石川の県境にある

奥山田の棚田に到着!

奥山田の棚田

しかし50kmも走るとさすがに

ワッフルと黄金糖だけではキツイ。

「サークルKで少し休憩するか。」

するとそこに

金沢でも僕を見かけたという

男性と遭遇!!

僕のことをmy365という

写真を投稿するアプリで

紹介してくれていたという。

知らないところでも

応援されていることに感動した。

その男性にアイスとジュースを

おごってもらい

他にもお菓子をたくさんいただいた。

サークルKの定員の方にも

応援の品をいただいてしまった。

「人生何をやっても無駄はない!」

という言葉をいただきお別れ。

ありがたい限りです。

まだ寝床まで50km以上あるけど

元気が湧いてきた!

しかし、食事という食事を

とっていなかったため

30kmほど走ってまた

サークルKで休憩。

寝床まで20km以上ある。

「もう走れへん。」

そう思い近くで寝床はないかと

スマホで探していると。

「よるご飯ある?この弁当、栄養いっぱいやから食べぇ」

女性の声がした。

「ご飯と飲み物も買ってくるからまっとき」

あまりの感動で2、3分

弁当を持ったまま立ち尽くした。

女性がコンビニから戻ってきて

これをいただいた。

image


「ホント体には気をつけなあかんよ。応援してるから!」

最後の最後まで気遣ってくださり

女性が去ったあとも

また立ち尽くしてしまった。

あの瞬間のあの光景は

しっかりと脳に刻み込まれた。



「よし!行こう!」

弱音を吐いている場合ではないと

道の駅うなづきを目指し出発!

到着したがいつもより

ひと気ももなく辺りは真っ暗。

怖いけどやることを

済ませて就寝することにしよう。

明日は黒部峡谷へ!

8 thoughts on “石川〜富山 サークルKの奇跡 7日目

    • Q太郎さん、ありがとうございます。応援していただいて感謝してます!明日からも頑張りますね(^^)

  1. すみません慣れてなくて沢山の入れたのに、最初の行しか反映されてなくて。頑張って下さいね!応援してますね!

  2. 勇磨、頑張ってますね。毎日家族4人で今日は何処って確認しています。勇磨が暑い中頑張っているんだから、自分も負けずに頑張ろうって毎日思うようになりました。勇磨君は、性格、人間性どれをとってもとても魅力のある男です。この旅で、名前のとおり勇気を磨いてもう一回り大きくなった勇磨君に会えるのを楽しみにしています。

  3. 新郷さん!ありがとうございます!気にかけていただき感謝しています。自分で決めた道なので辛いことがあっても頑張れます!
    僕も新郷さん一家と会える日を楽しみにしています。
    エリカちゃんが作ってくれたミサンガに「新郷さん一家とまた会えますように!」と願いを込めたので、必ず無事帰ってきてお会いできるはずです(笑)
    では長野市へいってきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>